本文へジャンプ

ホーム > ニュース一覧

ニュース

じん肺フィールド(&アスベスト電話相談)のご案内

2005/07/16

最近、アスベストによる被害が話題になっています。アスベストとならんで進行性の恐ろしい呼吸器の病気である「じん肺」のフィールド(体験)活動を医系学生の皆さんを対象に行います。炭坑の施設をまわり、炭坑で働いていたじん肺の患者さんに当時の労働の状況や、病状、生活の様子などをうかがう企画を考えています。また、当日予定されているアスベスト電話相談行動の見学も予定しています。

医系学生のみなさん、ぜひ、ご参加下さい。

(前回のじん肺フィールドの感想文)
●改めて医師になること、医師としてできること、人としてやらなければならないこと、今しなければならないこと、等漠然とですが、考える機会となりました。
●じん肺は治らないと言うことがとてもつらかったです。
●かなり呼吸が苦しそうでも一生懸命話されるのが痛々しかった。
●他大学の人がこんなにしっかりした考えを持っていることがわかり、自分に 喝 を入れることができた。
●(患者さん宅を訪問して)その存在があまりに衝撃的で言葉が出なかった。
●ゆっくり進行していく病気であることがじん肺の一番の恐ろしさであり、労働者自身による予防がされにくい原因だと感じた。「予防できる病気なんだよ」という言葉が印象に残った。

じん肺フィールド 要項

日時  8月11日(木)朝9時開始夕方5時まで
集合  医療法人親仁会本部大会議室
場所  大牟田市内各地域
内容  患者さんの講演、懇談、施設見学、アスベクト電話相談行動の見学など
参加費 無料

問い合わせは  親仁会本部医師部  今村まで
電話      0944−53−2711(内線5506)
ファックス   0944−53−5800
mail    igakusei@kome-net.or.jp


一覧に戻る

ページの先頭へ戻る