本文へジャンプ

ホーム > ニュース一覧

ニュース

小児リハの「クリスマス会」 開きました!

2005/12/27

米の山病院では毎年、小児リハビリ親の会と小児科の共同主催でクリスマス会を開催しました。19回目となった今年は11月27日に行われました。
今年はあいにく風邪や下痢・嘔吐が流行していたのと雨が降っていたため、参加者が計97名と少なめでした。
しかし、外部からクラベスをお呼びしてのとってもきれいな音の「ハンドベル」や、「紙芝居」「歌」はいずれも好評で、子供たちもしっかり聞いていました。また初めてファンキ−宮島さんをお呼びしての「マジックショ−」は、破れた新聞紙が元に戻ったり、何もないところから鳩がでてきたり、とても本格的で、大人の方が楽しんでいたようでした。職員はサンタクロースに変装しての「ひげダンス」に挑戦。練習通りに行かず四苦八苦。出し物の最後に、小児科の田島Dr、荒巻Drのサンタクロースからプレゼントをもらってみんなとても喜んでいました。
 今年のクリスマス会は、日程は5月に決定し、9月の役員会から準備を始めました。また高校生や看護学生さんなどのボランティアも27名も参加していただいています。
参加者からは、「昨年かかわった子供の1年間の成長ぶりをみて嬉しかった」「自分自身も楽しめました」などの感想が寄せられていました。
役員の皆さん、職員、学生のボランティアの皆さん、お疲れ様でした!



一覧に戻る

ページの先頭へ戻る