TEL MENU

お知らせ・ブログ

news

患者参加型看護計画発表会を開催

ブログ
患者参画型看護計画とは…
 患者さんと看護師が互いの情報を共有し、合意に基づき看護の全過程 ( 目標・計画・実践・評価 )
共に進めていくことを言います。 具体的には、患者さんの意向を踏まえた目標や看護計画を立て個別性を考慮したケアを実践し、計画の調整や評価を一緒に行います。



 親仁会が患者参加型看護を取り組み始めて12年になります。
はじめは米の病院だけでの取り組みでしたが、その後みさき病院が取り組み、今では診療所や訪問看護ステーション、すべての院所で取り組みを行っています。法人での発表会は今年で3回目になります。今回は8事例の発表で32名の参加がありました。



参加者の感想

●どの演題も患者の命と生活を守りたい、希望を叶えたい・・を糧に多職種協働での
 取り組みになっている


●患者・家族の思いに耳を傾け、思いの本質を引き出し、問題をつかみ取る事が出来ている

●患者と同じ思いで、ケアに関わり悩み、喜びを分かち合う。
 そのことが個人や職場の自信と成長に繋がっていくと確信できた



 人間らしく、その人らしく生きていくことを援助し、無差別平等、患者・家族の思いに寄り添う看護の取り組みでした。

 これからも、患者・ご家族が看護・介護に主体的に参加できるよう、話し合う事やいろいろなつながりを大切に、多職種協同、連携をさらに深めながら、安全・安心・信頼の看護を推奨・継承・発展させていきます。

参加者の感想
一覧に戻る